三渓園探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS Reineckea carnea キチジョウソウ(吉祥草)

<<   作成日時 : 2018/11/11 15:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



画像



画像



外苑に咲くキチジョウソウ(吉祥草)。



キチジョウソウ

キチジョウソウ(吉祥草、学名:Reineckea carnea)はスズラン亜科の常緑多年草。日本国内では関東から九州、また中国の林内に自生し、栽培されることもある。

家に植えておいて花が咲くと縁起がよいといわれるので、吉祥草の名がある。

特徴
地下茎が長くのびて広がり、細長い葉が根元から出る。
花は秋に咲く。根元にヤブランにやや似た穂状花序を出し、下部は両性花、上部は雌蕊のない雄花が混じり、茎は紫色。花は白い花被が基部で合生し筒状となり、先は6裂して反り返り、6本の雄蕊が突き出る。
果実は赤紫色の液果。

キチジョウソウ@Wikipediaより



2018年11月10日
横浜市中区本牧三之谷


関連

Sankeien Garden 三渓園 自然観察会 2018年11月10日
https://sankeien.at.webry.info/201811/article_6.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Sankeien Garden 三渓園 自然観察会 2018年11月10日
恒例の自然観察会が開催された。 ...続きを見る
三渓園探訪
2018/11/11 18:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Reineckea carnea キチジョウソウ(吉祥草) 三渓園探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる