テーマ:探訪一覧

三溪園探訪一覧

三溪園探訪一覧 概要 四季折々 自然観察会 催事 トピックス その他 ◇概要 三溪園 三溪園 昔むかし ◇四季折々 2016年 6月7日 6月28日 7月5日 7月19日 8月23日 9月6日 9月13日 9月27日 10月4日 10月18日 11月1日 11月8日 12月6日 12月1…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

三溪園探訪一覧

三溪園探訪一覧 概要  四季折々  自然観察会  催事  トピックス  その他 ◇催事 2014年 10月30日 横浜に、秋を聴く 10月30日 三溪園菊花展に秋を聴く 11月22日 紅葉の古建築公開に秋を聴く 2015年 2月24日 三溪園観梅会 10月26日 三溪園 横浜に秋を聴く。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cimicifuga biternata イヌショウマ(犬升麻) [寺家ふるさと村]

イヌショウマ イヌショウマ(犬升麻、学名:Cimicifuga biternata )はキンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草[4][5]。 目次 1 特徴 2 分布と生育環境 3 ギャラリー 4 脚注 5 参考文献 特徴 根茎は太く、長く横に伸び、ひげ根がある。根出葉は長い葉柄があり、ふつう2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Magnolia kobus コブシ(辛夷) [寺家ふるさと村]

にぎりこぶしのようなコブシ(辛夷)の果実 コブシ コブシ(辛夷、学名:Magnolia kobus)は、モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の高木。早春に他の木々に先駆けて白い花を梢いっぱいに咲かせる。別名「田打ち桜」。 目次 1 特徴 2 産地 3 用途 4 文化 5 コブシモド…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Persicaria pubescens ボントクタデ(ぼんとく蓼) [寺家ふるさと村]

ボントクタデ ボントクタデ(ぼんとく蓼、学名: Persicaria pubescens)は、タデ科イヌタデ属の1年草。水辺に生える雑草。 目次 1 特徴 2 分布 3 脚注 4 参考文献 5 関連項目 6 外部リンク 特徴 ヤナギタデによく似ているが、葉に辛みがない。 分布…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Aralia cordata ウド(独活) [寺家ふるさと村]

ウド ウド(独活、学名:Aralia cordata)は、ウコギ科タラノキ属の多年草。香りが強く、山菜や野菜として好まれる。季語、晩春。 目次 1 特徴 2 利用 2.1 食用 2.2 薬用 3 ウドの名前をもつ他の植物 4 慣用句 5 脚注 6 参考文献 7 関連項目 8 外部リンク …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Neoachmandra japonica スズメウリ(雀瓜) [寺家ふるさと村]

スズメウリ スズメウリ(雀瓜、学名: Neoachmandra japonica)は、ウリ科スズメウリ属のつる性1年草。原野や水辺などに生える[2]雑草。 和名は、果実がカラスウリより小さいことからとか、果実をスズメの卵に見立てたことからとか言われる[2][3][4]。 目次 1 形態・生態 2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Lactuca indica アキノノゲシ(秋の野芥子、秋の野罌粟) [寺家ふるさと村]

アキノノゲシ アキノノゲシ(秋の野芥子、秋の野罌粟、学名: Lactuca indica)は、キク科アキノノゲシ属の一年草または二年草。 和名は、春に咲くノゲシに似て、秋に咲くことから付けられた[2]。 目次 1 特徴 2 分布 3 品種 4 利用 5 脚注 6 参考文献 7 関連項目 8 外部…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Chinese sumac ヌルデ(白膠木) [寺家ふるさと村]

ヌルデ ヌルデ(白膠木、学名: Rhus javanica または Rhus javanica var. chinensis)は、ウルシ科ヌルデ属の落葉高木。ウルシほどではないが、まれにかぶれる人もいる。別名フシノキ、カチノキ(カツノキ)。 ヌルデの名は、かつて幹を傷つけて白い汁を採り塗料として使ったことに由来すると…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Black rice 黒米 [寺家ふるさと村]

黒米 黒米(くろまい、くろごめ)、または紫黒米(しこくまい)[1]、紫米(むらさきまい)[2]とはイネの栽培品種のうち、玄米の種皮または果皮の少なくとも一方(主に果皮[3])にアントシアニン系の紫黒色素を含む品種のことである[4]。中国では「紫米」[2][5]、「紫糯」[5]、「黒糯」[5]、「鶏血糯」[5…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Eclipta thermalis タカサブロウ(高三郎) [寺家ふるさと村]

タカサブロウ タカサブロウ(高三郎、学名: Eclipta thermalis)は、キク科タカサブロウ属の一年草。水田雑草として多く見られ、その他湿気の多い土地に生える。花が円盤状で周囲を舌状花が縁取り、果実には綿毛がなく、碁盤の目状に平面に並ぶ様子など、小さいヒマワリを思わせる形態をしている。 タカサブロウという和…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Catnip イヌハッカ(犬薄荷) [寺家ふるさと村]

イヌハッカ イヌハッカ(学名: Nepeta cataria 、英名: Catnip、漢字: 犬薄荷)は、シソ科イヌハッカ属の多年草でハーブ1種。英名由来のキャットニップという名でも知られる。また、日本に帰化したものが長野県筑摩郡で発見されたことから、チクマハッカとも呼ばれる。 概要 高さ50〜1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Murdannia keisak イボクサ(疣草) [寺家ふるさと村]

イボクサ イボクサ(疣草、Murdannia keisak)は、ツユクサ科イボクサ属の一年生植物。湿地に生える雑草で、水田では畦によく出現する。 葉の汁をつけると疣(イボ)が取れるといわれて名付けられた。 目次 1 形態・生態 2 分布 3 イボクサ属 4 脚注 5 参考文献 6 関連…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Hypericum erectum オトギリソウ(弟切草) [寺家ふるさと村]

オトギリソウ オトギリソウ(弟切草、学名:Hypericum erectum)は、オトギリソウ科オトギリソウ属の多年生植物。 特徴 日本全土から朝鮮半島、中国大陸の草地や山野に自生する。高さ20〜60cmにまで生育し、夏に2cm程の黄色い花を咲かせる。葉の表面に褐色の油点が見られるが、これはヒペリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Euscaphis japonica ゴンズイ [寺家ふるさと村]

ゴンズイ ゴンズイ Euscaphis japonica は、ミツバウツギ科に属する樹木。果実が真っ赤でよく目立つ。 特徴 落葉性の小高木[1]。高さは普通3-6mだが、時に10mに達する。樹皮は紫黒色を帯び、細長い割れ目状の皮目が縦に走る[2]。普通は頂芽ができず、1対の仮頂芽から有花枝、あるいは無花枝を伸ば…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Justicia procumbens L. キツネノマゴ [寺家ふるさと村]

キツネノマゴ キツネノマゴ(Justicia procumbens L.)は、キツネノマゴ科キツネノマゴ属の一年草である。 特徴 道端に生える小柄な雑草である。やや湿ったところを好む。夏に赤紫の小さな花をつける。本州から九州、朝鮮、中国からインドシナ、マレーシア、インドなどに分布する。 茎は根元がやや横に這い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Vitis ficifolia var. lobata エビヅル [寺家ふるさと村]

エビヅル エビヅル(蝦蔓[2][3]、蘡薁[2][3]、学名:Vitis ficifolia var. lobata)は、ブドウ科ブドウ属でつる性の落葉木本である。雌雄異株。古名はヤマブドウとともに「エビカズラ」(葡萄蔓)[2]。 特徴 つる性の木本で他の木本などに巻きひげによって上…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Aster scaber Thunb. シラヤマギク [寺家ふるさと村]

シラヤマギク シラヤマギク Aster scaber は秋の山地に咲く野菊の1種。茎は高く伸び上がり、白い菊の花をまばらにつける。 特徴 高く立ち上がる多年性の草本[1]。茎は立ち上がって高さ1-1.5mに達する。根出葉は卵心形の葉身に長い葉柄がある。ただしこれは花の時期には…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Rhynchosia acuminatifolia トキリマメ(吐切豆) [寺家ふるさと村]

トキリマメ トキリマメ(吐切豆、学名: Rhynchosia acuminatifolia)はタンキリマメ属のつる性多年草。和名の語源は不明[2]。別名、オオバタンキリマメ(大葉痰切豆)ともいい、葉形や豆果の大きさの違いがあるもののタンキリマメとよく似た種である[3]。 形態・生態 つるは、巻き方向…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Lygodium japonicum (Thumb.) Sw. カニクサ [寺家ふるさと村]

カニクサ カニクサは、つる植物になるシダ類である。 特徴 カニクサ(Lygodium japonicum (Thumb.) Sw.)は、シダ植物門フサシダ科に属するシダである。シダ類では珍しい、巻き付く形のつる植物である。別名のツルシノブはこれに由来する。 長くのぼる蔓は、実は1枚の葉である。本当の茎は地下に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Impatiens noli-tangere キツリフネ(黄釣船) [寺家ふるさと村]

キツリフネ キツリフネ(黄釣船、学名: Impatiens noli-tangere[2])は、ツリフネソウ科ツリフネソウ属の一年草である。 分布 ユーラシア・北米大陸に広く分布する。基準標本はヨーロッパとカナダのもの[3]。 日本では北海道・本州・四国・九州の低山から山地にかけて分布し、水辺などのやや湿った…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Sanicula chinensis ウマノミツバ(馬之三葉) [寺家ふるさと村]

ウマノミツバ ウマノミツバ(馬之三葉、学名:Sanicula chinensis)はセリ科ウマノミツバ属の多年草。別名、ヤマミツバ。 特徴 茎は直立し、よく枝分かれし、高さは30-120cmになる。葉は根出葉、枝葉ともに3全裂し、側小葉はさらに2深裂して掌状に5裂状になることがある。裂片は浅裂して鋸歯になり、葉…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more