Jugatsuzakura ジュウガツザクラ(十月桜)

画像

画像

画像



画像

画像



画像



外苑のジュウガツザクラ(十月桜)が二度目の開花。



ジュウガツザクラ

ジュウガツザクラ(十月桜、学名:Cerasus ×subhirtella (Miq.) Masam. & Suzuki ‘Autumnalis’)(シノニム:Prunus subhirtella Miq. var. autumnalis Makino)は、バラ目バラ科サクラ属の植物。エドヒガンの系列でコヒガンの園芸品種。毎年、年に二度開花する。

分類
サクラの属名は日本では長いこと Prunus、和名ではスモモ属とする分類が主流だったが、昨今の研究では Cerasus(サクラ属)とするものがある。日本では前者、分けてもサクラ亜属(subg. Cerasus)とするものが多かったが、近年は後者が増えてきている。しかしCerasus とすることで決着した訳ではない。

特徴
花が4月上旬頃と10月頃の年2回開花する。花は十数枚で、花弁の縁が薄く紅色になる。また萼筒が紅色でつぼ型である。春は開花期に新芽も見られる。また、春のほうが花は大きい。樹高は5m程。シキザクラ、コブクザクラ等も年に2回開花する。また、フユザクラは冬に咲くが、別種。秋口に咲く特徴から紅葉する樹木と共に植えられることもあり、桜と紅葉が楽しめるように設置される事もある。

ジュウガツザクラの実生から園芸品種のオモイガワが誕生している。またジュウガツザクラではないがネパールにも秋に咲く野生種が存在している。

ジュウガツザクラ@Wikipediaより



2018年11月10日
横浜市中区本牧三之谷


関連

Sankeien Garden 三溪園 自然観察会 2018年11月10日
https://sankeien.at.webry.info/201811/article_6.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック