三渓園探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS Leopard flower ヒオウギ(檜扇、学名:Iris domestica)

<<   作成日時 : 2018/07/11 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



三渓園外苑のヒオウギ(檜扇)。花期は8月頃。
葉は長く扇状に広がり、宮廷人が持つ檜扇に似ていることから命名されたとされる。


2018年7月10日
横浜市中区本牧三之谷


関連

Sankeien Garden 三渓園 自然観察会 2018年7月10日
http://sankeien.at.webry.info/201807/article_5.html



ヒオウギ

ヒオウギ(檜扇、学名:Iris domestica)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。

従来はヒオウギ属(Belamcanda)に属するとされ、B. chinensisの学名を与えられていたが、2005年になって分子生物学によるDNA解析の結果からアヤメ属に編入され、現在の学名となった。

解説
ヒオウギは山野の草地や海岸に自生する多年草である。高さ60 - 120センチ・メートル程度。葉は長く扇状に広がり、宮廷人が持つ檜扇に似ていることから命名されたとされる。別名に烏扇(からすおうぎ)。花は8月ごろ咲き、直径5 - 6センチ・メートル程度。花被片はオレンジ色で赤い斑点があり放射状に開く。午前中に咲き夕方にはしぼむ一日花である。種子は4ミリ・メートル程度で黒く艶がある。本州・四国・九州に分布する。


ヒオウギ@Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%82%AE




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Sankeien Garden 三渓園 自然観察会 2018年7月10日
恒例の自然観察会が開催された。 ...続きを見る
三渓園探訪
2018/07/11 11:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Leopard flower ヒオウギ(檜扇、学名:Iris domestica) 三渓園探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる