三渓園探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS crocosmia ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)

<<   作成日時 : 2018/07/03 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



画像



三渓園外苑に咲くヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)



ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙、学名: Crocosmia x crocosmiiflora)またはヒメヒオオギズイセンは、アヤメ科ヒオウギズイセン属(クロコスミア属)の雑種。ヒオウギズイセン(英語版) Crocosmia aurea とヒメトウショウブ(スペイン語版) Crocosmia pottsii との交配種である。園芸ではクロコスミア、または旧学名のモントブレチアの名前でも呼ばれる。一般的に「ヒオウギズイセン」と呼ばれるワトソニア属(英語版) Watsonia の園芸品種群とは関係はないので、注意が必要である。また「金魚草」と呼ばれることもあるが、キンギョソウとは異なる。

形態・生態
葉は剣状、60cmから150cm。
花茎から穂状花序を分枝し、各々にオレンジ色の花を付ける。花期は7〜8月。

分布
両親は南アフリカ産ではあるが、耐寒性に優れ、また繁殖力も旺盛、日当たりの良い荒れ地から林床のような日陰、乾燥地帯から湿地にも耐え、全世界で野生化している。佐賀県では移入規制種の指定を受けており、栽培が条例で禁止されている。

人間との関わり
暖かい地方[どこ?]では、一度、球根を植えるとほとんど放置しておいても差し支えなく、宿根草のように扱える。


ヒメヒオウギズイセン@Wikipedia より



2018年7月3日
横浜市中区本牧三之谷


関連

Sankeien Garden 三渓園 2018年7月3日
http://sankeien.at.webry.info/201807/article_1.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Sankeien Garden 三渓園 2018年7月3日
連日の真夏日で、緑陰で涼を求める来園者が多い ...続きを見る
三渓園探訪
2018/07/11 09:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
crocosmia ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙) 三渓園探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる