三渓園探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS Aralia cordata ウド(独活) [寺家ふるさと村]

<<   作成日時 : 2017/09/25 14:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



ウド

ウド(独活、学名:Aralia cordata)は、ウコギ科タラノキ属の多年草。香りが強く、山菜や野菜として好まれる。季語、晩春。

目次
1 特徴
2 利用
2.1 食用
2.2 薬用
3 ウドの名前をもつ他の植物
4 慣用句
5 脚注
6 参考文献
7 関連項目
8 外部リンク

特徴
日本では北海道から本州、四国、九州までのほか、国外では朝鮮半島、中国、千島、サハリンに分布する。林下や林縁、山野に自生するほか、畑に植えられて栽培もされている[9]。大型で丈が高く、高さ約1 - 1.5mに生長する草本である[10]。
茎は円柱形で太く、緑色をしており毛が生える[11]。
葉は互生し、2回羽状複葉で三角形をしており、長めの葉柄がつく[11]。小葉は卵型をしており細かい毛があり、葉縁にぎざぎざがある[11]。
夏から秋ごろ、8 - 9月にかけて茎の上部に球状の大きな散形花序を多数つけ、柄がある径3mmほどの白もしくは薄緑色の小さな花をたくさんつける[11]。花弁は5枚つき、上部は両性花、下部は雄花となる[10]。雄しべが5本、下位子房に5本の花柱がある[11]。
果実は、秋に直径3mmほどの球状の液果が実り、熟すと黒紫色になる[10][11]。一果中に3 - 5個のゴマ状の種子をもつ。
春・初夏(ゴールデンウィーク頃)に芽吹いた小さな苗は山菜として利用できる[11]。

利用

食用
若葉、つぼみ、芽および茎の部分を食用になり、香りもよい[11]。つぼみや茎は採取期間が短いが、若葉はある程度長期間に渡って採取することができる。林の際など日当たりのよい場所か半日陰の傾斜地などに自生するが、スーパーや八百屋などで見られる白いものは、日の当たらない地下の室(むろ)で株に土を盛り暗闇の中で栽培した軟白栽培によるもので、モヤシのように茎を白く伸ばして出荷する[9][12]。
料理の分野では前者を山ウド、後者を白ウドと呼び区別することが多い。後者には立川市を中心とした東京都多摩地域の特産品(東京うど)や大阪府茨木市太田および千堤寺地区特産の「三島うど」などがある。
ウドは山菜として有名で、山ウドはややアクが強く、山菜として葉や先端を天ぷらなどにする他、ぬた、茹でたものを酢味噌和え、味噌汁の実とする。白ウドは前記の他、酢水でアク抜きをして煮浸しやサラダとしても食べられる。また、皮も柔らかく、短冊切りにしてキンピラにすると美味しいため、白ウドは捨てるところがほとんどない。
一ヶ所から数本のウドの大木が生えている場合は、1本は切り倒してよい。茎の硬い皮を削ぎ取ると芯の部分はセロリのように美味である。ここまで大きくなると生のままでもほとんどアクがなく、雑味もない。また、先端の部分はまだ柔らかいので、若葉や花芽がまだ出ていないものは摘んで天婦羅にできる。
ただし、食物アレルギーがあるので、食べる際注意が必要。山中に生える物は太く立派だが、平地の林等に生える物は生長しても細い事が多い。

薬用
根は土当帰(どとうき)、和独活(わどっかつ)と呼ばれ、薬用になる[9]。秋に根を掘り取って輪切りにし天日干ししたものを用いて、煎じて服用すると、体を温めるとともに頭痛や顔のむくみに効用があるとされる[9]。また、アイヌ民族はウドを「チマ・キナ」(かさぶたの草)と呼び、根をすり潰したものを打ち身の湿布薬に用いていた。アイヌにとってウドはあくまでも薬草であり、茎や葉が食用になることは知られていなかった。
漢方で使う独活(どっかつ)は、セリ科のシシウドの根で、昔は独活の代用品としてウドの根である和独活も使われた[9]。

ウドの名前をもつ他の植物
・ハマウド(オニウドとも呼ばれる)、シシウド、ハナウド、オオハナウド - これらはセリ科に属する
・ウドノキ - オシロイバナ科ウドノキ属

慣用句
ウドの大木
諺(ことわざ)。前述の通り、ウドは1.5メートル前後の大きさに育つが、茎が太く育った頃には食用にもならず[10]、また茎が柔らかすぎて木材にも適さないということから[11]、転じて「図体はでかいが中身が伴わず、役に立たないもの」のたとえ。ただし、前述したようにウドは樹木ではなく、草本の一種である。

脚注
1. ^ 米倉浩司 『高等植物分類表』 北隆館、2010年、重版。ISBN 978-4-8326-0838-2。
2. ^ 大場秀章(編著) 『植物分類表』 アボック社、2010年、第2刷。ISBN 978-4-900358-61-4。
3. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Aralia cordata Thunb.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月4日閲覧。
4. ^ a b c d "'Aralia cordata Thunb.". Tropicos. Missouri Botanical Garden. 2012年8月4日閲覧.
5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Aralia taiwaniana Y.C.Liu et F.Y.Lu”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月4日閲覧。
6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Aralia cordata Thunb. f. biternata Nakai”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月4日閲覧。
7. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」
8. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」
9. ^ a b c d e 貝津好孝 1995.
10. ^ a b c d 山田孝彦 & 山津京子 2013.
11. ^ a b c d e f g h i 内藤俊彦 1995.
12. ^ 本山荻舟 『飲食事典』 平凡社、昭和33年12月25日、56頁。

参考文献
・内藤俊彦 『秋の花』 北隆館〈フィールド検索図鑑〉、1995年9月1日、287頁。ISBN 4-8326-0371-X。
・貝津好孝 『日本の薬草』 小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、152頁。ISBN 4-09-208016-6。
・山田孝彦、山津京子 『万葉歌とめぐる野歩き植物ガイド』 太郎次郎社エディタス、2013年8月15日、初版、65頁。ISBN 978-4-8118-0762-1。

関連項目
・野菜の一覧
・山菜
・東京うど

外部リンク
・Aralia cordata - Encyclopedia of Life
・三島うど なにわの伝統野菜

(ウド@Wikipedia より)



2017年9月23日
横浜市青葉区寺家町


関連

Plants at Jike Furusatomura 寺家ふるさと村ガイドツアーで出会った植物
http://sankeien.at.webry.info/201709/article_19.html

outdoor observation 三渓園「自然観察会」野外観察会 寺家ふるさと村
http://sankeien.at.webry.info/201709/article_18.html

ウド@Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%89


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Plants at Jike Furusatomura 寺家ふるさと村ガイドツアーで出会った植物
三渓園を離れて、寺家ふるさと村を訪れ、ウェルカムセンター講師のガイドによる自然観察を行なった。 ...続きを見る
三渓園探訪
2017/09/25 15:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Aralia cordata ウド(独活) [寺家ふるさと村] 三渓園探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる