三渓園探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS Neoachmandra japonica スズメウリ(雀瓜) [寺家ふるさと村]

<<   作成日時 : 2017/09/25 14:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



画像



スズメウリ

スズメウリ(雀瓜、学名: Neoachmandra japonica)は、ウリ科スズメウリ属のつる性1年草。原野や水辺などに生える[2]雑草。
和名は、果実がカラスウリより小さいことからとか、果実をスズメの卵に見立てたことからとか言われる[2][3][4]。

目次
1 形態・生態
2 分布
3 脚注
4 参考文献
5 関連項目
6 外部リンク

形態・生態
葉は三角形卵心形で、しばしば浅く3裂する[2]。
花期は8月〜9月[2]。雌雄同株。
果実は球形または卵形で、はじめ緑色だが、熟すと灰白色になる[2]。

分布
日本(本州、四国、九州)[2]、韓国(済州島)[3]に分布する。

脚注
1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Neoachmandra japonica (Thunb.) W.J.de Wilde et Duyfjes”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年10月28日閲覧。
2. ^ a b c d e f 『野に咲く花』 394頁。
3. ^ a b 『花と葉で見わける野草』 112頁。
4. ^ “植物雑学事典”

参考文献
・平野隆久写真 『野に咲く花 : 写真検索』 林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、394頁。ISBN 978-4-635-07019-5。
・亀田龍吉、有沢重雄 『花と葉で見わける野草』 近田文弘監修、小学館、2010年、112頁。ISBN 978-4-09-208303-5。

関連項目
・つる植物

外部リンク
・"Zehneria japonica (Thunb.) H. Y. Liu". Germplasm Resources Information Network (GRIN). 2013年10月28日閲覧. (英語)
・"Neoachmandra japonica". National Center for Biotechnology Information (NCBI). (英語)
・Neoachmandra japonica - Encyclopedia of Life (英語)
・波田善夫. “スズメウリ”. 植物雑学事典. 岡山理科大学生物地球学部. 2013年10月28日閲覧。
・いがりまさし. “スズメウリ”. 植物図鑑・撮れたてドットコム. 2013年10月28日閲覧。
・福原達人. “カラスウリ”. 植物形態学. 福岡教育大学教育学部. 2013年10月28日閲覧。

(スズメウリ@Wikipedia より)



2017年9月23日
横浜市青葉区寺家町


関連

Plants at Jike Furusatomura 寺家ふるさと村ガイドツアーで出会った植物
http://sankeien.at.webry.info/201709/article_19.html

outdoor observation 三渓園「自然観察会」野外観察会 寺家ふるさと村
http://sankeien.at.webry.info/201709/article_18.html

スズメウリ@Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E3%82%A6%E3%83%AA


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Plants at Jike Furusatomura 寺家ふるさと村ガイドツアーで出会った植物
三渓園を離れて、寺家ふるさと村を訪れ、ウェルカムセンター講師のガイドによる自然観察を行なった。 ...続きを見る
三渓園探訪
2017/09/25 15:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Neoachmandra japonica スズメウリ(雀瓜) [寺家ふるさと村] 三渓園探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる