三渓園探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS Marsh marigold 三渓園 リュウキンカ(立金花)

<<   作成日時 : 2017/04/12 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



三渓園 リュウキンカ(立金花)



リュウキンカ(立金花)の名前は、花茎が立っていて、金色の花をつけるから。

内苑てい舎下を流れる渓流の岩場に咲いている。


和名リュウキンカ
学名Caltha palustris L. var. nipponica H.Hara
英名Marsh marigold
別名
分類
キンポウゲ科
リュウキンカ属



リュウキンカ

リュウキンカ(立金花、学名:Caltha palustris var. nipponica)は、キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。

特徴

根出葉は長い葉柄をもって束生し、葉身は心円形から腎円形で、長さ、幅とも3-10cmになり、縁には低い鈍鋸歯を持つ。茎は直立し、花茎の高さは15-50cmになる。茎は中空で、茎葉は茎の上部につき、根出葉に似るが小型になる。

花期は5-7月。茎の先端および葉腋から長い花柄を伸ばし、径2.5-3cmの黄色い花をつける。花弁はなく、花弁に見えるのは萼片で、ふつう5枚、ときに6-7枚ある。雄蕊は多数あり、雌蕊は4-12個ある。果実は袋果となり、長さ1cmになる。根は白色でヒゲ状になる。

茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と呼称されるようになった。花言葉は「必ず来る幸福」。属の学名となっているCalthaはラテン語で「強い匂いのある黄色い花」という意味を持つ。

分布と生育環境

日本では、本州、九州に分布し、アジアでは朝鮮に分布する。水辺や湿地などに生育し、ミズバショウの群生地で見られることもある。

利用

若芽は山菜として食用可能であるが基本的に有毒であり、食すと下痢などの症状を起こす場合がある。

リュウキンカ@Wikipedia より



2017年4月10日
横浜市中区本牧三之谷


関連

Sankeien Garden 三渓園 自然観察会 2017年4月10日
http://sankeien.at.webry.info/201704/article_19.html

Sankeien Garden 三渓園 2017年4月10日
http://sankeien.at.webry.info/201704/article_18.html

横浜三渓園
http://www.sankeien.or.jp/


リュウキンカ関連記事

リュウキンカ - 植物和名ー学名インデックス YList
http://ylist.info/ylist_detail_display.php?pass=1951

リュウキンカ(立金花) - Botanical Garden
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html

りゅうきんか (立金花) - Botanic Garden
http://www.botanic.jp/plants-ra/ryukin.htm

リュウキンカ@Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AB







画像



画像



画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Sankeien Garden 三渓園 自然観察会 2017年4月10日
定例の三渓園自然観察会を開催 ...続きを見る
三渓園探訪
2017/04/16 08:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Marsh marigold 三渓園 リュウキンカ(立金花) 三渓園探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる